地震について

 まずは、被災者の皆さんに対して、お見舞いを申し上げます。現時点でも連絡の取れない現地のことが大変心配です。
  
 東京の仕事場関係で思うこととしては、仕事柄、人事部や企画部の方とお付き合いしていますが、このような事態にあたり、皆さんがされているであろうご苦労と奮闘です。
 
 自分に対して言い聞かせるのは、

Do what you can, with what you have, where you are.

 ということです。

広告を非表示にする