読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若者と労働 「入社」の仕組みから解きほぐす (中公新書ラクレ)/濱口桂一郎

 

 

濱口先生の著作やブログからは散々勉強させてもらってきたが、この本は未読だった。

 

正直、他にも何冊か読んだし(これはスルーしても)良いかな、との気持ちがあったのだ。


しかし、これは読んで大正解だった。内容的に自分にとって斬新ということはなかったのだが、今までの濱口本の中でももっとも「わかりやすい」一冊だと感じた。

 

著者のあとがきにもあったが、「編集者」の方の勝利なのかもしれない。

 

何度か読んで内容を確実にものにしてしまいたい。